MENU

住まいるコラム住まいるコラム COLUMN

LIFE STYLE 知立

国民年金保険料 学生納付特例申請

 20歳になると、国民年金の納付義務が生じるのですが、学生の場合は「学生納付特例制度」という制度があります。申請により、在学中の国民年金保険料の納付が猶予される制度です。20歳の誕生日のころ、「国民年金加入のお知らせ」などが届くことになっています。その中に年金保険料の納付書と学生納付特例制度申請書類が同封されていますので、特例制度を利用する場合、必要書類を揃え期限までに提出する必要があります。

 今年度の国民年金保険料は月額16,590円。学生さんがいらっしゃるご家庭では授業料などの費用負担が大きいですね。そこに、保険料の納付も必要となると、国民年金は子ども自身に支払いを任せようか、親が負担すべきか、学生納付特例制度を利用しようか、迷う親御さんも多いかと思います。
 ここで、制度についてのおさらいと、メリットデメリットを考えます。
 将来、年金を受け取るには、原則として保険料の納付済期間が10年以上必要です。学生納付特例で「猶予」となった期間は、この年金の受給資格期間には含まれます。ただし、「免除」ではないので、そのままでは将来受け取る年金額が減額されてしまいます。

 これを補うために、特例承認された期間の保険料は、10年以内であれば後から納付(「追納」といいます)ができます。ただし、学生納付特例承認期間の翌年度から起算して3年目以降に納付する場合には、当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

 一方、制度を利用せず、親が納付する場合、支払った保険料の全額は年末調整、または確定申告で「社会保険料控除」として控除することができます。
 さらに、国民年金には「前納割引制度」があります。22年度の保険料の場合、現金もしくはクレジットカードで1年度分を前納すると毎月納付の場合と比べて3,530円、2年度分の前納なら14,540円が割引されます。支払い方法を口座振替にすれば、1年前納なら4,170円、2年前納なら14,540円と割引額はより大きくなります。(※)
 クレジットカードでの納付であれば、ポイントが付くという特典も期待できます。

 さて、令和4年度が始まりました。令和3年度に保険料納付猶予申請をされた方には、申請書が送られてきますので、引き続きこの制度を利用希望される方は、速やかに提出する必要があります。この制度は、最長で向こう1年間までの申請期間となりますので、年度初めにはその年度の申請書を改めて提出する必要があります。
 迷っているうちに申請や納付を忘れてしまってはいけません。保険料未納となり、年金を受け取るために必要な期間として計算されなくなり、将来の老齢基礎年金を受け取る際に影響が出ます。ご家庭ごとに事情が異なりますので、よく検討して早めに手続きを行いましょう。年金事務所も年度初めは込み合います。不明な点があれば、余裕を持ってお問い合わせすることをお勧めします。

※前納制度を利用するには、年金事務所に申出を行う必要があります。令和4年度の口座振替及びクレジットカードによる前納のお申込期限は、令和4年2月末となっております。現金納付については、4月中であれば手続き可能です。

【参考】
日本年金機構 国民年金保険料の学生納付特例制度
厚生労働省 令和4年1月21日プレスリリース「令和4年度における国民年金保険料の前納額について」
YouTube QuizKnockチャンネル ←こちらの2本、楽しく年金について勉強できますよ。
「いざわ・ふくらのQuizKnock塾 -年金について日本一わかりやすく説明しようとしたらこうなった-」
QuizKnock塾「東大生が年金について考えてみた
 

#20歳#国民年金#国民年金保険料#学生納付特例制度#学生#猶予#免除#追納#社会保険料控除#前納割引制度#口座振替#クレジットカード#未納#老齢基礎年金#年金事務所#日本年金機構#厚生労働省#QuizKnock