MENU

住まいるコラム住まいるコラム COLUMN

スタッフの視点

雨の時期に備えて

今年はまだ5月なのに雨が降る日が続くことが多い気がします。梅雨のはしりという現象でしょうか。
梅雨に入ると、雨によって足元が緩くなったり滑りやすくなったりして、汚れたり怪我や事故につながる事例もございます。今日は、それを予防するための施工事例をふたつご紹介します。

雨による土砂流れによる埋設配管露出の補修工事の事例

弊社管理店舗裏口の倉庫前の地面の様子です。経年劣化により、コンクリートが割れてしまっており、緩やかな斜面になっているので、砂も雨に流れて減ってしまい、埋設されていた配管やマスが露になってしまっていました。 通行するのにもガタガタで躓いてしまいそうですし、配管が割れてしまうと直すのに大変な工事になてしまいます。

まずコンクリートを一度取り除いて舗装しなおします。
コンクリートを打つ直前の写真です。ワイヤーメッシュを入れることによってコンクリートの強度を高めたり、亀裂の発生を防ぐことができます。

 舗装完了です!
配管もコンクリートの中に収めましたし、マスの蓋の高さを合わせてコンクリートを打ちましたので、デコボコもなくなりましたので、躓くものがなくなりました。雨が降っても足場がきれいなままですし、倉庫の自転車も出しやすくなりました。

滑り止め塗装の事例
雨の日、急いでいたら濡れたタイルに足を滑らせてヒヤッとした経験ありませんか?特に雨の日は、傘をさしていたりして手が空いていない状況ですので、一旦転倒してしまうと大きな事故になりかねません。

 弊社では、「タイルの滑り止め加工工事」の施工を承ります!特殊な塗料を塗布することで、ツルツルのタイルがザラザラになり、靴の裏にしっかりグリップしますので、滑りにくくなります。作業時間としては、8㎡で1時間から2時間が目安です。色も透明・黄色・緑色からお選びいただけます。
料金は、材料費・作業費込みで4,500円(税別)/㎡ですが、今なら3,500円(税別)/㎡! 
2022年7月末日まで割引キャンペーンを実施しております
玄関前等のよく通る部分だけでも施工しておくと安心です。ご検討ください。

お問い合わせ先  ☎0566-81-1736
コンクリート舗装工事 営業3家 柴田 
滑り止め塗装工事   おやくだち家 丹羽

#コンクリート舗装#滑り止め加工塗装#タイルの滑り止め#知立市#ちょっとした工事