MENU

住まいるコラム住まいるコラム COLUMN

終活ガイド「終活Scope」

終活Scope 番外編

~介護費用の支払いのために準備しておくとよいこと~

 2022/7/1「介護を終えて」コラムでは、弊社相談役がお母さんを介護したうえでのお話を掲載しました。そのなかで、介護費用の支払いについて少し準備不足だったと申しておりました。ご家族を介護するときの費用負担について、行政書士の内村よりポイントの解説をいたします。

親が意思能力を有しなくなると当然に親の口座も資産凍結となり、本人の為であっても自由に手を付けることが出来なくなります。

  任意後見契約は被後見人本人の財産を保護する制度であり、家庭裁判所が選任した任意後見監督人(基本的には弁護士)の下、厳格に財産に関する法律行為を行うことになります。親子の関係といえども、あらゆる制約の中で親の財産管理をすることになります。

 このようなケースの場合、親が元気なうちに親と金銭に関する家族信託契約を結び、予め専用の口座(信託口口座)を準備しておくことで、資産凍結を未然に防ぎ、その口座から親の介護費用や生活に必要な費用の支払いが出来るようになります。
家族信託契約はあくまで家族間での契約の為、家庭裁判所の介入もありません。
また家族ごとの状況に応じて、色んな組み方があるのも特徴です。

 そんな家族信託に興味のある方、詳しく聞きたい方は、野村開発株式会社 行政書士の内村まで、お気軽にご相談ください。

#相続#任意後見#任意後見監督人#家族信託#信託財産#知立市#野村開発