MENU

住まいるコラム住まいるコラム COLUMN

スタッフの視点

犬や猫のマイクロチップ登録

~購入した犬や猫のマイクロチップ情報の登録が義務になりました~

 2022年6月、「改正動物愛護管理法」が施行され、ブリーダーやペットショップなどで販売される犬や猫について、マイクロチップの装着・登録が義務化されました。迷子になったり、災害ではぐれたりした際に飼い主のもとに戻れる確率は高くなりますし、安易に捨ててしまう様な行為の抑止も期待できます。

チップは直径1.5mm、長さ1cmほどの円筒形。獣医師が専用の注入器で首の後ろ辺りに埋め込みます。費用は数千円~1万円ほどとのことです。チップには、15桁の番号が記録されており、ご自身でデータベースに飼い主の情報を登録しなければなりません。チップそのものは、動物の体への負担はほとんどないそうです。

 今後は、購入された犬や猫にはマイクロチップが装着されており、飼い主になる際には、御自身の情報に変更する必要があります。また、他者から犬や猫を譲り受けて、その犬や猫に御自身が獣医師に依頼してマイクロチップを装着した場合にも、御自身の情報の登録が必要になります。

 環境大臣が指定した指定登録機関に登録の申請を行っていただきます。指定登録機関には、公益社団法人日本獣医師会が指定されています。手続きは、パソコンやスマートフォンでオンライン申請、もしくは書面での申請も可能です。手続きが完了すると、電子ファイルもしくは書面で登録証明書が発行されますので、保管が必要です。

 なお、販売業者以外から譲り受けた場合やすでに飼育している犬や猫は、努力義務とのことです。

 詳しい内容については、

環境省「動物の愛護と適切な管理」ホームページ
犬と猫のマイクロチップ情報登録に関するQ&Aページを参照ください。

 弊社では、ペット可物件のアパート契約の際、マイクロチップ登録については契約者様にお任せしております。ただし、弊社独自の「ペット飼育規則」がございますので、それを遵守していただくこと、飼育登録書に飼育に関する必要事項の申請、誓約書への署名押印手続きをさせていただいております。
 オーナー様のご厚意により、ペットと暮らせる物件は少しづつ増えてまいりました。共同住宅だけでなく、戸建てでもご近所や散歩の際には、まわりへの気遣いを忘れることなく飼育したいものです。ペットを通して、新しい出会いや世界が広がることもあります。家族として癒しを与えてくれる分、動物の種類に応じた適切な飼い方をして健康・安全に気を配り、最後まで責任をもって一緒に暮らせたらと思います。

【出典】
環境省 日本獣医師会 ホームページ
「犬と猫のマイクロチップ情報登録に関するQ&A」