MENU

住まいるコラム住まいるコラム COLUMN

スタッフの視点

窓と網戸の夏のお掃除術

~心地いい風を迎えて快適な夏に~

コラムをご覧いただきありがとうございます。
弊社は知立市を中心に不動産に関するサポートを行っている「住まいる大家族 野村開発株式会社」です。

今年は梅雨明けが早く、本格的な夏がやって来るのが早かったですね。日が落ちるころ、夕方の少しだけ涼しい夏の風を感じるという時期はあまりなく、すでにエアコンのお世話になりっぱなしの毎日です。窓は締め切っているためお掃除も面倒で、ついつい後回しにしがちです。よく見てみると、夏休みでお子さんがご在宅で、意外とガラスには手の跡がついていたり、小さな虫の死骸がサッシの隅に固まっていたり…。

今回は、手軽にできる窓や網戸の掃除方法をご紹介します。このお盆休みにお客様がおみえになるというご家庭もおありではないでしょうか。ちょっとお掃除をして空気の入れ替えをしておくと、気持ちよくお迎えできると思います。

【網戸のお掃除】

網戸の汚れは大きくふたつ。ホコリのような「ブラシで落とす汚れ」と、排気ガスのような「ふき取る汚れ」。このふたつを分けて掃除することがきれいに仕上げるコツです。

①ハンディーモップやブラシなどでホコリを掃います。
②水に濡らしたウエス(雑巾)で拭きます。
③からぶきで仕上げます。
 ※力を入れすぎると、網目がずれてしまいます。

POINT:いきなり水拭きするのはNG!ホコリが固まってしまい、目詰まりの原因になります。ブラシでしっかりホコリを落とすことが大切です。春先ですと、花粉がついていることも多いです。心配な方は、マスクをお忘れなく!

【窓のお掃除】
〇外窓
①窓ガラス全体を水でよく濡らします。
②たっぷり水を含ませたスポンジで汚れを落とします。
③スクイジーで上から下に水を切り、一番下は横向きに水を切ります。
 ※水切りするたびに、ゴム部分の水滴を拭きます。
④最後に残った水滴をからぶきして仕上げます。

〇内窓
①水に濡らした雑巾で全体を拭きます。
②乾かないうちに、からぶきをします。
③仕上げはファイバークロスがおすすめです。上から下へ、コの字型に拭き上げます。
もっと簡単に済ませるのでしたら、水で濡らした新聞紙をクシャっと丸めて汚れをふき取り、同様に乾いた新聞紙でからぶき!経済的ですし、ちょっと気になるときのメンテナンスに最適かも。インクが手につくので、ゴム手袋をお忘れなく。

【サッシのお手入れ】
①使い古しの歯ブラシなどでホコリや砂を掻き出しながら、掃除機でゴミを吸います。
②水に濡らした雑巾で拭きます。水に濡らしたメラミンスポンジでも代用できます。
③からぶきをします。
POINT:きれいに仕上げたら、溝にマスキングテープを貼っておくと、次回のお掃除はテープの交換だけで済みます!

いかがでしょうか。各ご家庭での裏技や洗浄力抜群の洗剤などもおありかと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

年末の大掃除にやろうとすると、気温も低くて作業も手荒れも大変です。気候のいい時期に、少しずつ進めていきたいですね。換気扇や吸気口のフィルターのホコリも、掃除機で簡単にきれいになります。一緒にお掃除しちゃいましょう。
窓や網戸をきれいにして、気持ちの良い風を感じながら、こういったご時世ですので換気にも気を付けたいものです。

弊社では、網戸の張替も承ります。蚊などの小さな虫が侵入してくるのは、目に見えない隙間があるのかも! 張替の目安は5年程度とのこと。是非、ご利用ください。

お問い合わせ先:おやくだち家 丹羽  TEL 0566-81-1736

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

#窓掃除#網戸掃除#シンプルライフ#暮らしを楽しむ #日々の暮らし#すっきり暮らす#網戸張替#知立市#野村開発