【知立市/防災の日】 消防訓練について 野村開発

query_builder 2023/08/31
売買不動産管理地域情報

こんにちは。 アパート管理部門の柴田です。

コラムをご覧いただきありがとうございます。

弊社は知立市を中心に不動産に関するサポートを行っている「住まいる大家族 野村開発株式会社」です。

2111051

明日から新学期。9月1日は防災の日です。
学生の頃は、始業式の後に避難訓練というイメージがありますが・・・。
今日は、消防に関する訓練についてお話ししたいと思います。

建物にはいろいろな種類があります、住宅、共同住宅、飲食店、工場、倉庫、神社、学校、旅館などなど、これらが1つの建物に複合で入っている建物などもあります。
建物の種類は消防法施工令別表第1で細かく分別されており、この表で消防訓練をしなくてはいけない建物かどうか判別します。


 消防訓練は火災が発生した場合に消防隊が現場に到着するまでの間、各事業所の自衛消防隊が消火設備、避難設備等を活用して迅速・的確に人命の安全確保と災害の拡大防止の措置を取れるようにする訓練になります。
消火担当に指定されている者を中心に知識、技術を向上することが目的になります。
訓練は防火管理者が訓練指導者を指定して実施に当たらせる必要があります。


また、消防訓練をするときは、あらかじめその旨を消防機関へ届出しなければいけません。

訓練の種類


1.消火訓練
 消火の知識や技術をあげるための訓練で、消火器の使い方の確認などがあります。
  1回以上は実際に放水することが必要と記載があります。


2.通報訓練
 あらかじめ担当を決めておき、いざとゆう時に素早く消防に連絡できるように打合せをします。消防に連絡した時に慌てず火災か救急か、所在地、建物の名称、火災の状況(出火場所、燃焼物、逃げ遅れの有無等)わかりやすく伝える訓練です。


3.避難訓練
 避難経路の確認や逃げ遅れが無いかの確認が、火災の時にスムーズにできるように確認します。避難器具や誘導灯自動火災報知設備の説明など。


4.安全防護訓練
 地震や火事などの予測できない被害を想定し、ヘルメットや防災ずきん、 クッションなどをすぐにかぶれるようにするなど、身を守る手段の訓練です。建物だと防火扉や防火シャッターなどの取り扱いがあります。


5.応急救護訓練
 応急手当の知識・技術を身に着ける訓練です。


6.地震想定訓練
  震度6強以上の地震が発生したことを想定し、対策を確認する訓練です。

もしも災害が発生したら、その場に居合わせた周りの皆さんと協力して、被害を最小限に食い止めることができるように、積極的に訓練に参加されることをお勧めします。

野村開発株式会社 営業3家 柴田賢司




#消防訓練#消防法施工令別表第1#消火訓練#通報訓練#避難訓練#安全防護訓練#応急救護訓練#地震想定訓練#防火管理者#訓練指導者#知立市#野村開発#住まいる大家族

*住まいる大家族 野村開発のサービス*
生涯を通じて「安心できる生活」を支えます お客様の生活環境の変化に対応し、住まいに関するサポートができる体制を整えております。
賃貸のご相談から住宅購入やリフォーム、大切な資産である不動産管理や相続に関するご相談も承ります。

*住まいる大家族 野村開発の対応エリア*
知立市・安城市・刈谷市・豊田市 はじめ西三河地区を中心に地域密着のサービスを提供いたします。

お住まいでの不具合やお困りごと、ちょっと聞いてみたいこと、承ります。
お困りごと相談 直通ダイヤル TEL 080-2167-0189
おやくだち家専用LINE公式アカウントあります!
https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=476alvkd



----------------------------------------------------------------------

野村開発株式会社

住所:愛知県知立市南陽1-132

電話番号:0566-81-1736

----------------------------------------------------------------------