【知立市/賃貸契約】高齢者の賃貸住宅事情の現場の話 野村開発

query_builder 2023/09/15
不動産管理リフォーム便利サポート地域情報

こんにちは。 住まいる大家族代表の野村です。
コラムをご覧いただきありがとうございます。
弊社は知立市を中心に不動産に関するサポートを行っている「住まいる大家族 野村開発株式会社」です。

keirounohi-ribbon-yellow-500x154

来週月曜日9/18は敬老の日ですね。
昨今のシニア世代と呼ばれる皆さまは、とても若々しい方ばかりです。
ですが、本日は視野を広げて日本全体の現状を一緒に考えてみたいと思います。


 高齢化の進む日本において、住宅事情にもその影響は出てきております。
今日は、その中でも賃貸住宅に関わる部分の現場のお話をしていきたいと思います。

まず、2023年時点で、日本の人口は減少を始めているのですが、65歳以上の高齢者の数は204~2045年をピークとして、まだ増え続けています。(図1参照)



その中で、単身の高齢者も増えており、ピーク時の2040年には、現在の1.5倍の900万世帯にまで増えていきます。(図2参照)


 単身の住宅と言うと、賃貸住宅が主な物になってくるのですが、様々な問題が出てきており、その解決に向けて奔走している最中です。
具体的な例としまして、お一人でご入居されているご高齢の契約者様がお部屋で亡くなられるケースがございます。
今回は、その際の対応の流れを踏まえてのお話しです。



【賃貸住宅での現場の話】
 それでは、現在起こっている賃貸住宅での現場について、順を追ってお話しします。

1. 近隣の方から連絡が入る
まずは、近隣の方から電話連絡があります。
「異臭がする」「窓にハエがたくさんたかっている」などが兆候です。

2. 警察の立会い
本人に電話をかけてもつながらないと、管轄する警察署に事件である旨の立ち会いを依頼します。
警察官立ち会いの下、部屋を解錠し、警察官の方に検分してもらいます。

3. ご遺体の搬送と事情聴取
死亡していることを確認した後、警察に手配してもらってご遺体を警察署まで搬送してもらいます。
その後事情聴取を受け、概ね半日ほどで手続きが終わります。

4. 役所による火葬の手続き
その後、役所の方で、相続人さんを探してもらって、連絡を取り付けてもらいます。
アパートの保証人がいれば、連絡を取り手続きをしていきます。
相続人や保証人がいない場合、戸籍法の規定により、死亡届は家主または管理人が届け出ることになっているため、役所に死亡届を提出することになります。
ご遺体の火葬については役所で行っていただけるので、市役所と警察でやり取りをしてもらって火葬をしてもらいます。

5. 賃貸借契約の解約
死亡と同時に賃貸借契約は解約にはなりません。
賃借権は、相続される財産となるため、相続人さんから解約してもらうまで、契約は継続してしまいます。
相続人全員からの解約の意思表示をもらうべきではありますが、現実は、お一人からでも意思表示をもらうことで、解約の処理を進めていきます。
相続人に相続放棄されたり、相続人がいない場合は、非常に困ります。
当社では、これまでなんとか相続人さんに意思表示だけはいただいてきているので大丈夫ですが、相続人がいない場合は、3か月の賃料の滞納をもって解約、明け渡しの訴訟をして契約解除をすることになってしまいます。

6. 残置物の整理
解約の段取りができたら、次は遺品である残置物の処理です。
こちらも相続人さんや保証人さんに引き取ってもらえればいいですが、時間がかかったり、逃げられたりしてしまいます。
最後は、倉庫まで移設して、お部屋の募集を優先させることもあります。

7. 告知義務
発見が遅れて遺体が腐敗してしまったケースでは、次の入居者を募集する際に、「告知する義務」が発生してしまいます。
こうなると、賃料を安くしないと成約しないので、大家さんもとても困ってしまいます。


【野村開発での課題への対応】
1.賃貸借契約の解約
 →国土交通省が2021年に定めたモデル契約書である「解除関係事務委任契約」を借主さんと結び、死亡時の契約解除を委任してもらっています。

2.残置物の整理
 →国土交通省が2021年に定めたモデル契約書である「残置物関係事務委任契約」を借主さんと結び、死亡後に残置物を処理させてもらうことを委任してもらっています。

3.告知義務
 →郵便局の提供する「高齢者見守りサービス」と提携し、自社オリジナルの住まいるサポートワイドとして、1日1回のお電話サービスで、万一の際の早期対応を実施しております。


現在は、70歳以上で単身でお住まいの方に、上記の3つを加入いただくことで、家主様には迷惑をかけないようにすることで、すべての当社管理物件で高齢者の方へのご契約を可能にしております。


明日の住まいるコラムでは、住まいるサポートについて詳しくお話しいたしますので、あわせてご覧ください。


野村開発では、ご高齢の方のお部屋探しのお手伝い、ご入居のサポートをさせていただいております。
お困りの方、お気軽にご相談ください。

野村開発株式会社 代表取締役 野村智之  TEL 0566-81-1736

#敬老の日#高齢者のアパート暮らし#孤独死#賃貸借契約#残置物#告知義務#相続人#保証人#契約解除#解除関係事務委任契約#残置物関係事務委任契約#高齢者見守りサービス#住まいるサポートワイド#知立市#野村開発#住まいる大家族


*住まいる大家族 野村開発のサービス*
生涯を通じて「安心できる生活」を支えます お客様の生活環境の変化に対応し、住まいに関するサポートができる体制を整えております。
賃貸のご相談から住宅購入やリフォーム、大切な資産である不動産管理や相続に関するご相談も承ります。

*住まいる大家族 野村開発の対応エリア*
知立市・安城市・刈谷市・豊田市 はじめ西三河地区を中心に地域密着のサービスを提供いたします。

お住まいでの不具合やお困りごと、ちょっと聞いてみたいこと、承ります。
お困りごと相談 直通ダイヤル TEL 080-2167-0189
おやくだち家専用LINE公式アカウントあります!
https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=476alvkd

----------------------------------------------------------------------

野村開発株式会社

住所:愛知県知立市南陽1-132

電話番号:0566-81-1736

----------------------------------------------------------------------