【知立市/不動産売買】 「土地」の事について、お話します④ 野村開発

query_builder 2023/05/25
売買

こんにちは。営業2家の清水です。
コラムをご覧いただきありがとうございます。
弊社は知立市を中心に不動産に関するサポートを行っている「住まいる大家族 野村開発株式会社」です。

私は、土地の売買営業を担当しています。
引き続き「土地」の事について、お話します。

街並み

第4回「土地の事」

第1回にて、土地は、「市街化調整区域」「市街化区域」に二分されます。そして、普通の方が普通に自分の住む家を建てられる事が出来る場所は、「市街化区域」になります・・・と説明しました。

第2回にて、土地の「色」については、都市計画図を閲覧して確認する旨をお話しました。

第3回は、「住宅地に適した「色」」は緑色系だと説明しました

(是非、先回の第3回第一種低層住居専用地域についての記事を読み返し願います。)


今回は、そのなかでも特に注意が必要な地域についてお話しいたします。


繰り返しになりますが、

土地の「色」については、緑色系の「色」塗りされた地域が最も「住宅地」に適しています。

この中で、第一種低層住居専用地域がありますが、この地域は特に注意が必要であること。

日当たり最重視で「住宅地」を探す場合には、良い場所となります。


 今回は、「薄緑色」の第1種中高層住居専用地域「黄色」の第1種住居地域の話をします。こちらの地域には、もちろん住宅は建設可能です。同時に店舗も建設可能です。
土地が広い場合は、3階を超えるマンションも建設可能です。
ですので、南側に広い駐車場があったりしますと、将来、マンションが建設され、日当たりが悪くなる可能性があります。
一方で、コンビニも建設できる地域なので、便利さは良いとも思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
土地をお探しの方のお手伝いをいたします。
ご希望を伺いながら、積み重ねた経験と知識でお客様に寄り添い、条件により近い物件をご紹介します。
野村開発株式会社 
営業2家 清水秀樹 TEL 0566-81-1736


【参考】知立市ホームページ 知立市地図閲覧サービス
https://www2.wagmap.jp/chiryu/Portal


#土地#購入#土地の色分け#都市計画図#市街化区域#市街化調整区域#知立市地図閲覧サービス#都市計画情報#第一種低層住居専用地域#第1種住居地域#マンション建設#コンビニ建設#知立市#野村開発#住まいる大家族

*住まいる大家族 野村開発のサービス*
生涯を通じて「安心できる生活」を支えます お客様の生活環境の変化に対応し、住まいに関するサポートができる体制を整えております。
賃貸のご相談から住宅購入やリフォーム、大切な資産である不動産管理や相続に関するご相談も承ります。

*住まいる大家族 野村開発の対応エリア*
知立市・安城市・刈谷市・豊田市 はじめ西三河地区を中心に地域密着のサービスを提供いたします。

----------------------------------------------------------------------

野村開発株式会社

住所:愛知県知立市南陽1-132

電話番号:0566-81-1736

----------------------------------------------------------------------