【知立市/不動産売買】 「土地」の事について、お話します⑫ 野村開発

query_builder 2024/01/16
売買

こんにちは。不動産売買を担当しております清水です。
コラムをご覧いただきありがとうございます。
弊社は知立市を中心に不動産に関するサポートを行っている「住まいる大家族 野村開発株式会社」です。

引き続き「土地」の事について、お話します。

街並み

第12回「土地の事 住宅地に適した「形」」


さて、第10回土地の「形」までは、主に2次元についての話でしたが、
第11
回からは、土地の「形」を3次元でお話しています。


第11回は、前面道路との高低差の話でした。
今回は、隣地との高低差の話です。



土地を見に行かれた事があると思います。
その時に、その土地は、両隣から低いのか高いのか。平坦なのか。良く観察して下さい。
左右の隣地・奥側の隣地との高低差が2mを超える場合、各々の隣地擁壁が建築確認申請書を提出して、検査を受けたか否か。が重要です。


 不明な場合、盛土して、2m未満にする。これで、見た目は、良いかもしれません。
しかしながら、隣地が建物を解体する場合、自分の擁壁も解体する場合は、影響を受ける事になります。
(※具体的な影響については、個別に相談下さい。
その際は、「予約」をお願いします。)


影響を避ける場合(完全には、避けられません。)やはり、擁壁を構築する事になります。

擁壁の基礎部分の強度も問われ、地盤調査をして、地耐力強度により地盤補強が必要となります。


 自宅等建設する場合は、擁壁工事の得意な土木業者さんと付き合いのあるハウスメーカーさんを選ばれる事をお勧めします。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。

土地をお探しの方のお手伝いをいたします。

ご希望を伺いながら、積み重ねた経験と知識でお客様に寄り添い、条件により近い物件をご紹介します。


野村開発株式会社 営業2家 清水秀樹
 TEL 0566-81-1736

【参考】 愛知県建築基準条例 http://www.aikenkyo.or.jp/00data/govern_info/govern_info-0757/data/kaisetu.pdf

愛知県建築基準法関係例規集[平成 29 年版]R5.4.1 https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/453042.pdf


#土地#購入#土地の有効面積#隣との高低差#盛土#切土#地盤調査#地耐力強度#地盤補強#擁壁工事#建築確認#建築基準法#知立市#野村開発#住まいる大家族

*住まいる大家族 野村開発のサービス*
生涯を通じて「安心できる生活」を支えます お客様の生活環境の変化に対応し、住まいに関するサポートができる体制を整えております。
賃貸のご相談から住宅購入やリフォーム、大切な資産である不動産管理や相続に関するご相談も承ります。

*住まいる大家族 野村開発の対応エリア*
知立市・安城市・刈谷市・豊田市 はじめ西三河地区を中心に地域密着のサービスを提供いたします。

----------------------------------------------------------------------

野村開発株式会社

住所:愛知県知立市南陽1-132

電話番号:0566-81-1736

----------------------------------------------------------------------